生活保護受給者(ナマポ)が【coincheck】ビットコイン取引所を使う場合、本人確認でハードル高かった話

顔写真付きの障害者手帳で申請したんですが…

※添付した写真






メールから引用

この度は本人確認書類のご提出ありがとうございます。
ご提出していただいた書類を確認しましたところ、書類に不備があり認証できませんでした。

現在、本人確認で利用できるものは以下の書類のみとなっております。
・パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)
・在留カード(裏面もご提出ください)
・特別永住者証明書(裏面もご提出ください)
・運転免許証(裏面もご提出ください)
・運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)
・住民基本台帳カード(裏面もご提出ください)
・マイナンバーカード(裏面の画像はアップロードしないでください)

※犯罪収益移転防止法の観点から対応書類も変更となりました。
※ご申請いただく書類のIDセルフィーも併せてご提出くださいませ。





一番、簡単に出来そうなのは…
マイナンバーカードと住民基本台帳カードをつくることですかね。

次にパスポートを取る。パスポート申請時に、生活保護を受けている旨の証明書(公的機関が発行したもの)が必要。

最後に、免許を取ることかな。

そもそも、生活保護者は、特別な理由がない限り車を持ってはいけないんだから、社会的弱者叩きをするなんてありえないよね(´・ω・`)b

まあ、VALUは審査通らない可能性もあるので、VALUの合否が出てから、マイナンバーカードつくりに市役所に行っても遅くないかな?

でも、本人確認書類が必要で、書類不備で断られるなんてビットコインはちゃんとしてる所だなと思いました。バブルなだけある(´・ω・`)


コメント

このブログの人気の投稿

【ナマポ】福祉課のケースワーカーの家庭訪問ありました!生活保護の訪問調査の内容を公開!!

TopBuzz Videoからの招待メール!3日で、いくら稼げたのか!?収益大公開!!!

先進国一高い日本の食品の消費税率!!!低所得者に厳しい安倍政権